Into the wild.

Yasuyuki's climbing log. Dedicated to the Alaska youth.

遭難ニュースの大半が高齢者な気がするけど本当なのか検証してみた

 

最近遭難事故ニュースが多いなーと思って見てて思ったんですが、「感覚的に高齢者の遭難て多いよな?てか、そもそも本当に高齢なほど遭難率は高いの???」ってのか気になったので検証してみましたー。

 

 

 

■年齢別の遭難者数を調べてみた

データは探せば落ちてるもんですねぇ。年齢層別の遭難者数ですが、やっぱり高齢になるほど遭難者数は爆上がりですね。50代~70代で全体の約60%をしめています。

 

f:id:yasublo:20190329143243j:image

f:id:yasublo:20190329143419j:image

出典:警察庁生活安全局地域課「平成29年における山岳遭難の概況」

しかしよく見た時に70~79歳の層でガクッと下がってます。競技人口が減ってるからだと思ったので、次は競技人口を調べてみました。

 

■登山の年齢別競技人口を調べてみた

残念ならがそのまんまのデータがなかったので、以下のグラフの行動者率と総人口から競技人口を割り出します。得られたデータが平成28年度のものなので、今回は平成28年度に絞って検証します。また、計算するの面倒なので今回は男性のみ(許して)。

f:id:yasublo:20190330010611j:image

出典:総務相統計局「平成28年社会生活基本調査」

http://www.stat.go.jp/data/shakai/topics/topi961.html

 

年齢別男女別人口はこちらから。

出典:総務相統計局「第1表 年齢(各歳),男女別人口及び人口性比―総人口,日本人人口(平成28年10月1日現在)」

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2016np/zuhyou/05k28-1.xls

 

その結果がこちら。

データ的に20歳未満と70歳以上は有効な数字を出せなかったために削りました。

f:id:yasublo:20190330214522j:image

図:男性の年齢層別競技人口

 

 

■競技人口あたりの年齢別遭難率は?

さあ、結論!

f:id:yasublo:20190330212113j:image

 図:男性の年齢層別遭難率

 

...あれれ、高齢者の遭難率すくないやんけ。

なんなら30代が一番多い?!

確かに、攻めた登山(アルパインスタイルなど)は油の乗った30代が多い気がします。

 

 

■まとめ

・ 男女共に遭難者数のピークは60代が一番多い

・男性に関しては競技人口あたりの遭難率は30代が一番多い

・高齢なほど遭難しやすい訳ではなく、競技人口が多いがために遭難者数が多いだけ

 

ちゃんとしたデータがなかったので、あくまで参考で!

 

ちなみに遭難の原因の4割が「道迷い」だそうです。

出典:警視庁生活安全局地域課「平成29年度における山岳遭難の概況」

https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/chiiki/300621yama_nennpou1.pdf

 主に初心者の方、ぜひ対策を!