岩と雪と地下アイドル

Yasuyuki's climbing log.

厳冬期八ヶ岳でジェットボイル FLASH LITEを使ってみたらなんとかなった話

 

2/16-2/17に八ヶ岳でジェットボイルFLASH LITEを使ってみたのでその感想。

 

■そもそもジェットボイルとは

 今現在の登山用ガスバーナーのスタンダード。平出和也さんなどの有名アルパインクライマーも愛用しています。

何がすごいのかっていうとお湯が沸騰する早さ!

最新モデルのジェットボイルFLASHは500mlの水を100秒で沸騰させます。

※条件は周囲温度20度、無風。

 

www.jetboil.jp

 

 

■経緯

冬のアルパインをしに赤岳鉱泉でテント泊をすることになったんですが、僕の場合、貰い物のジェットボイルFLASH LITE(2015年モデル)しか持ってなかったんですね。このモデルは冬での使用を想定していないので、使えないかなーって思ってたんですが、すぐ買うお金もないし、とりあえず使ってみようということで使ってみました。

 

ちなみにのジェットボイルFLASH LITE(2015年モデル)のスペックはこんな感じ。

軽いんすわ〜。

【総重量】約380g (ゴトク、スタビライザーを含む)
【サイズ】φ104mm×高さ165mm(収納時)
【容量】0.8L
【出力】1134kcal/h
【ガス消費量】100g/h
【沸騰到達時間】0.5Lで約2分30秒(ジェットパワー1缶で約12Lの水を沸騰可能)

出典:http://www.jetboil.jp/news/article130

夏山なら十分なスペックです。夏山なら。

 

■使ってみた感想

ザックから取り出した直後のガスは冷え切っていて、着火直後は火が安定しませんでした。たまに消えちゃうし。...が!数分経つとと安定して使えちゃいました。その日の気温はマイナス15度くらいだったんですが、なんとかなるもんですね。

 

f:id:yasublo:20190327180323j:image

 

2015年のモデルでも厳冬期で使えるなんて、ジェットボイル素敵。 

 

ちなみにジェットボイルMiniMoって種類だとサーモレギュレータという火力をより細かく調整できる機能が付いていて、さらにマイナス6度まで安定した火力を保証してくれているんですね。

 

こっちのモデルだったら冬怖くないんじゃね...???

...ますます欲しくなってきた。

 

■まとめ

・着火直後は火力が不安定で、たまに消えることもある。

・ただし、厳冬期の気温マイナス15度でもジェットボイル FLASH LITEは使えるっちゃ使える。