岩と雪と地下アイドル

Yasuyuki's climbing log.

【めっちゃ、キツかった】雪深く人の気配がない厳冬期 権現岳 東稜でひたすらラッセルしてきた

 

3/9(土)~3/10(日)にかけて権現岳の東稜にリベンジしてきましたー。(メッチャキツカッタ)

 

 

 

f:id:yasublo:20190324220753j:image

前回行ったのは2/1(金)~2/3(日)ですが、その際は降りたてでサラサラの雪を延々とラッセルして結局撤退しました。

 

yasublog.hatenablog.com

 

それからひと月、飽きもせずにリベンジです。

 

 

■コンディション

今回の雪のコンディションは2日~3日前に降り積もった雪により、出合小屋以降は膝~腰までの積雪量でした。また、前回はサラサラの雪質でしたが、今回は少し水分を含んだ重い雪質です。

f:id:yasublo:20190324221104j:image


■山行記録


2019/3/8(金)


19:00 新宿駅発
清里駅待合室にて仮眠

 

2019/3/9(土)


5:45 清里駅
6:30 美しの森駐車場
9:00 出合小屋
休憩(荷物整理)
9:40 出合小屋出発
12:00 尾根に上がる
15:00 2250m付近にて幕営

 

入山初日は清里駅~2250m付近まで歩きました。権現沢に入るなり腰までのラッセルが続きました。この日は晴天で日差しが強く、シャツ1枚で登る程でした。案の定雪崩の音がゴルジュ帯で鳴り響いてました。

f:id:yasublo:20190324221434j:image

 

2019/3/10(日)


1:30 起床
3:15 出発
9:30 バットレス取り付き
13:10 権現岳山頂
15:15 ツルネ
18:00 出合小屋
20:15 美しの森駐車場

 

前日のラッセルから考えるに、前回同様の長期戦が見込まれたので早朝に出発。

f:id:yasublo:20190324222118j:image

 

案の定ラッセルでかなりの時間を費やし、予定より2時間押しでバットレスに到着です。

 

前回はバットレスの登攀ルートが分からず迷っているうちにタイムアップとなり敗退しました。

が、今回はばっちり予習済みOh yeah👌

細いリッジを渡った後の急登を登ったところで、木を使いビレイ点を作りました。

 

■1ピッチ目

顕著なバンドを一段登ってしまうと懸垂下降する運命になるので、バンドは登らず左上に登攀(左にトラバースの方が楽)。

f:id:yasublo:20190324223515j:image

ルンゼまでは行かず、右へ向かうようにいやらしいスラブを登りました。

f:id:yasublo:20190324224003j:image

 

■2ピッチ目

雪を被った岩稜を左に寄りつつ登り、ブッシュを使いビレイしました。

 

以降はザイルをしまい、権現岳山頂までお散歩。

f:id:yasublo:20190324225901j:image

権現岳山頂~ツルネまではトレースもなく、疲労が溜まるなかラッセルを頑張りました。ツルネからの下山道は踏み抜き注意です。

 

■おわりに

コンディション悪い中、計画からの遅延が発生していたのにもかかわらずツッコんでしまったんですが、権現岳といえど、こういう登山をしてると死んじゃうなぁって思えたので、これからはもっと合理的でいたいと思う山行でした。

 

 

よかったらこちらの記事もどうぞ。

www.enjoy-climbing.work

 

www.enjoy-climbing.work